2日目 3/16

['12 北海道旅行] 2日目 3/16
03 /25 2012
無題2



昨日3/15に引き続き「きたぐに」に乗って新潟へ。

きたぐにの記事はこちら

午前0時。何故か京都に帰ってきたという謎展開。

ちょっと眠くなってきた。

でも寝たら勿体ない。

でも2時か3時かには力尽きて1時間ほど眠ってしまった。

長岡あたりで目が覚めるともう一面の銀世界

そしてしばらく走ると新潟駅に到着する。

新潟駅からバスに乗る

だいたい20分(200円…確か)でバス停へ

そこから10分歩くと

IMG_3442.jpg
ミエター


IMG_3441.jpg
近づいていくと…


IMG_3439.jpg
でかい!

SCN_0008.jpg
安い!

手続きをして乗り込みます。




しばしの間、荷物を置いてゆっくりしていると出港です。

IMG_3450.jpg
サヨーナラー

IMG_3443.jpg

IMG_3444.jpg

IMG_3454.jpg

新潟港がどんどん遠ざかってゆきます。



ここからは、旅情を伝えるために某長寿ラジオ番組っぽく書こうと思います。空と海で違うってツッコミはなしで。



BGM

僕は風呂に入りながらラジオを聞くんだけどこの番組がすごくいい。




乗船した「らいらっく」号は一万七千トン、揺れは少なく、

IMG_3462.jpg

IMG_3458.jpg

IMG_3460.jpg


さらに内装は飾りはしないものの綺麗で、いまどきのフェリー航海は、さしずめクルージングといったところでしょうか


売店もなかなかの品揃え、風呂にはサウナが付き、さらにはシアターまであるという充実ぶりです。


飛行機のような速達性はありませんが、旅の足としては、此方が幾分相応しいのではないでしょうか




食堂は時間的に人が少なく、安くはないものの味は良く、ゆっくりと夕食を愉しめました。

IMG_3461.jpg


初めてジンギスカンを食べてみれば、厚めに切ってあるにもかかわらず、余分な脂は少なく、爽快のうちに満腹に至りました


食事の後の一服に 窓辺の席に腰掛けて

満天の星をいただく はてしない光の海を

ゆたかに流れゆく風に 心を開けば

煌く星座の物語も聞こえてくる 浪間に揺れる夜の静寂(しじま)のなんと饒舌なことでしょうか。

光と影の境に消えていったはるかな地平線も瞼に浮かんでまいります。

今夜の日本海は静かです


そうして心地よい揺れに身を任せ

目を閉じているともう眠りの世界に落ちていました
スポンサーサイト

芳鉄DX

アニメ、鉄道(特に関西)、カメラ、釣り、麻雀、自転車その他を愛する自称趣味人。好きなアニメはガンダム(初代)とカウボーイビバップ。でも最近は萌えも重要だと気付く。永遠の17歳ってことで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。