FC2ブログ

今だから言えること 受験編 その二

[未分類]
03 /20 2013
とりあえず単語力がないと思った。現役時は単語の意味がわからずに長文が読めず壊滅することが多かった。

人気だったのでドラゴンイングリッシュの単語集にした。しかしドラゴンイングリッシュは1000語+αの語数しかない。語数が少ないという声をよく聞く。穴があるかもしれない。それに、何度も同じ参考書をやりまくると、覚えたつもりでもページのどの位置にあるかでなんとなく記憶してるだけということがあるかもしれない。単語集が一冊だけというのは少し不安である。もう一冊無いことはないが、京教生にきわめて不評のバリュー1700である。


だからチェック用にもう一冊を買おうと思い、ブックオフに行った。105円コーナーに行くと、システム英単語とかが置いてある。しかしこれはチェック用としてはしっかりし過ぎていて、下手をすると一冊やるのに時間がかかりそうである。これは保留としておいて、他を見る。他にもいい感じの単語集が何冊かあるが、その隣には異彩を放つもえたんが…!噂には聞いていたが、実物を見るのは初めてである。第一印象では正直使えないと思ったが、レジに向かうときには何故か手に持っていた。


という訳で、この一年間、メイン・ドラゴンイングリッシュ-サブ・もえたんという体制で受験を切り抜けた。京大英語でも基本的には意味のわからない単語は無かった。


だから私は、もえたんで京大に合格したと言っても過言ではない(笑)


もえたんは意外と侮れない。assumeとかもえたんで覚えた。それにエキセントリックな例文が面白い。一語目がlunaticというのも良い。いろいろイカれていて楽しく単語が覚えられる。


しかしもえたんをメインに据えるとどこにも受からないと思う。あくまでサブで使いませう。そこんとこ誤解無きよう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

芳鉄DX

アニメ、鉄道(特に関西)、カメラ、釣り、麻雀、自転車その他を愛する自称趣味人。好きなアニメはガンダム(初代)とカウボーイビバップ。でも最近は萌えも重要だと気付く。永遠の17歳ってことで。